大白法・令和2年8月1日刊(第1034号)より転載
 
 唱題行(七月十一日)の砌(令和2年7月11日)
 
 本日は、本年七月度の唱題行に当たり、皆様には(じん)(しん)の御参加、まことに御苦労さまでございます。
 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、御信徒の方々には長らく唱題行への参加を控えさせていただきましたが、このたび規制が緩和され、本日より御信徒の方も参加できるようになり、まことに御同慶の至りであります。
 さて、大聖人様は『最蓮房御返事』に、
「法華経の行者は信心に退 転無く身に()(しん)無く、一切法華経に()の身を任せて金言の如く修行せば、(たし)かに後生は申すに及ばず、今生も息災延命にして勝妙の大果報を得、広宣流布の大願をも成就すべきなり」(御書 六四二n)
と仰せであります。
 「息災延命」とは、災いを取り去り、命を延ばすことで、災難や障害のない幸せな境界、生活を言います。
 信心に(おこた)りなく、身に詐親なく、すなわち(いつわ)り親しむことなく、一切、法華経にその身を任せて、すなわち大御本尊様にその身を任せて、御金言の如く修行すれば、後生は申すに及ばず、今生においてもいかなる難局も乗り越え、必ず幸せな境界を築くことができると仰せられているのであります。
 今、日本のみならず世界中で(まん)(えん)している新型コロナウイルス感染症によって騒然とした状況を見る時、私どもはこの御金言を拝し、なお一層の信心をもって、この難局を乗りきっていかなければならないと思います。
 大型人様は『(おと)御前御消息』に、
(みよう)(らく)大師のたまはく『必ず心の固きに()りて神の守り(すなわ)ち強し』等云云。人の心かたければ、神のまぼ()り必ずつよしとこそ候へ。(これ)は御ために申すぞ。(いにしえ)の御心ざし申す計りなし。其れよりも(いま)一重(ごう)(じよう)に御志あるべし。其の時は(いよ)(いよ)(じゆう)()(せつ)(によ)の御まぼ()りもつよかるべしとおぼすべし」(同 八九七n)
と仰せであります。
 この御文の如く、いかなる難事が来ようとも、なお一層、大御本尊様への絶対信をもって強盛に題目を唱え、自行化他の信心に住していけば、諸天善神の守護のもと、必ず諸難を乗りきることができることを確信し、もって(こん)(にち)の難局を乗りきられますよう心から念じ、本日の挨拶といたします。